スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自立神経と更年期

  • CATEGORY未分類
  • PUBLISHED ON2017/ 05/ 25/ 11:43
  • COMMENT0
 梅雨にさしかかるこれからの季節は気圧が下がる⤵️ため、更年期の人もそうでない人も、副交換神経優位の状態になりがちで頭がボーッとしたり喘息やアトピーなどアレルギー症状がひどくなりやすいそうです。 

 ☔️「梅雨どきは一年の中でも自立神経が乱れやすい時季。昼間は積極的に外に出てなるべく交感神経を優位にし、夜はぬるめのお湯に浸かって副交感神経優位に戻すと上手にバランスをとることが出来るようです。
自立神経には交感神経と副交感神経があり、女性は40歳を過ぎた頃からエストロゲンなどを始めとする女性ホルモンが減少してバランスが崩れ、ざまざまな変調を感じるようになるそうです。(不調のカゲに大病も)


🍄「脳の中枢にある視床下部が女性ホルモンの分泌量が減少している事に気づくと、下垂体を通じて『もっと出せ』という指令を出しその影響を受け、副腎皮質ホルモンや甲状腺刺激ホルモンも多めに分泌されてしまいます。 

するとホルモンバランスが崩れ、交感神経が優位な状態に。交感神経はお目覚めモード、闘いモードの神経血管の収縮が起きて血圧が上がったり、動悸やのぼせが起きたり、イライラしたりといった心の変調が生じるというわけです。 怖いです😱


 ホットフラッシュも交感神経の緊張状態が引き起こす症状だそうです。
🍀「こうした更年期症状は、ある種の自立神経失調症なので自分では、制御がきかなく、制御がきかない状態を改善するには、お風呂🛀が最適
40度を下回るお湯で副交感神経をリラックスモードに。ぬるめのお湯に少し長めに浸かることです。「人間の身体は、交感神経優位の状態では、血管が収縮します。すると血管が細くなって血液の循環が悪くなり新陳代謝も不活発になります。血液の循環と新陳代謝を合わせたものが•血めぐりで更年期の女性のほとんどが悪い👎状態にあるといえます。ですから、収縮している血管を開いて血めぐりをよくし、交感神経優位の状態から副交感神経優位の状態に変える事が重要です。」
昼間は積極的に外に出てなるべく交感神経を優位にし、夜はぬるめのお風呂に🛀浸かって副交感神経優位に戻すと上手にバランスをとることができるようです。
血のめぐりが良くなるように運動も心掛けたいです。

さてヘアエピテーゼ協会では、5月30日に品川本部でビューティレッスンを行いました。皆様美意識が高く好評だったようです。





 突然のご病気、 抗がん剤治療による脱毛で医療用ウイッグを必要になられた方、


脱毛する前の髪型や思いきってスタイルチェンジすることも出来ます。 


私達、NPOヘアエピテーゼ協会のメンバーは癌と診断されても一人じゃないよを合言葉に、ウィッグを使われる方々のサポートをしています。 


お気軽にお電話で、ご予約、お問い合わせ下さい。 


  今回は試着と相談だけで、他メーカーや製品も試着してみたいとのことでも大丈夫です。



 ご相談・ご試着だけでしたら1時間程度です。



  ご購入を希望される方は、ご試着していただき、ご納得していただいたら製作のご相談を受けるといった流れで対応させていただいています。 


 詳細はこちら⬇️   





   




  医療用ウィッグのご相談・作製・メンテナンス、どんな些細なことでも構いません。気兼ねなくご相談ください。

治療前後の髪の相談・カット、カラーまで対応しています。

 
  完全予約制のプライベートサロンですので安心してご来店いただけます。

   また、他社のメーカーのウィッグカットやサイズ調整も承っております。

(ウィッグによってはお断りをさせて頂く場合もございます。) 



  医療用ウィッグヘアエピテーゼ

☆ ウィッグ料金・・・¥129,600(税込み)

 



 ブラック・ダークブラウン・ライトブラウン 

 


 1年間のウィッグカット・サイズ調整・縮れ直しのメンテナンスのサービス込み



 美容室ロードン 



営業時間 9:00~18:00  

 定休日月曜日第3日曜日 



 tell: 055-971-2413 



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。